山と海と風と空、そして島に住む女性たちの輝く日々をご紹介します。
top プロジェクト紹介 リンク お問合せ
場所から見つけに 人から見つけに
運営メンバー日記 小豆島ガールギャラリー

場所から見つけに

約6時間半コース 自転車利用

自転車でちりちりりん♪坂手港周辺コース

2011.07.15

自転車でちりちりりん♪坂手港周辺コース

潮風を感じながらのんびりと走ってみよう!!


オススメの持ち物 ※暑い季節の場合
飲み物、タオル、日焼け止めクリーム、虫よけスプレーなど
帽子、ストール、手ぬぐいもおすすめ♪日焼け防止対策をしっかりと!

《今日の行程》
9:00 坂手港 ⇒ 9:10 観音寺 ⇒ 9:40 坂手ふるさと農道 ⇒ 9:45 壺井栄文学碑・生田春月詩碑 ⇒ 10:10 岡田武市商店 ⇒ 11:45 鯛安 ⇒ 13:30 マルキン醤油記念館 ⇒ 14:00 醤油蔵の通り⇒ 14:15 ベイリゾートホテル小豆島 ⇒ 15:30 坂手港
 
平和の女神像
9:00  坂手港より出発してすぐに「平和の女神」像を発見。
      こちらは長崎の平和公園にある「平和記念像」の作者でもある北村西望
      (きたむらせいぼう)の作品です。
      どことなく雰囲気が似ていますよね。

観音寺
9:10   坂道を上り観音寺へ。
      この辺りは細い道が続く、迷路のような町並み。
      緑がいっぱい!!入り口には龍の手すりがもこもこして見えてとても可愛らしい。
      
      本堂には十一面観音が祀られており、境内からは坂手港を見渡すことが
      出来ます。

9:40   坂手ふるさと農道&文学碑
      観音寺より先は急な坂道が続くので、自転車は押して歩きました。自転車って
      押すとかなり重い!!自転車を持たず徒歩の方が楽に歩ける気がします。
      坂手ふるさと農道まで行くと文学碑まではもうすぐです。

      自然の中で小鳥のさえずりを聴きながら文学に触れてみるのもいいですね。

      壺井栄…小豆郡坂手生まれ 
      ・小説「二十四の瞳」の作者。
       「桃栗三年 柿八年 柚子の大馬鹿十八年」
       この碑文は栄が好んで使っていた俗謡から選ばれたそうです。 
      生田春月…鳥取県米子生まれ 
      ・航行中の船から身を投げ、流れ着いたのが当時の坂手村。      
       詩碑には最後に書き残した「海図の詩」が刻まれている。
    
坂手ふるさと農道より
      坂手ふるさと農道って、素敵な名前ですね♪
      今度はさらに高い場所から坂手港を見下ろしつつ走って行きました。
      農道からの景色もとてもいいですよ。ずっと気になっていたのですが、
      くじらのように見える島があります。
      そう見えるのは私たちだけ?
      ここからは勢いよく自転車に乗り、心地よい風を感じながら汗をかきつつ
      古江方面に。

昆布をカットする
10:10  岡田武市商店に到着。
      今回は特別に工場見学をさせていただきました。
      実際に作業しているところを見るのは初めて!!
      材料の昆布の大きさ・形を目視で判別する工程、切り分けたり原料を洗う工程。
      人の手で目で見極めるんだね。

じゃこを煮ているところ
      大きな釜でじゃこを煮ているところ。
      とてもいい香りでグツグツと煮えていて一気にお腹も空いて来ました。

佃煮工場の様子  袋詰めの様子
      炊きあがった佃煮は冷却、袋詰め、殺菌、ラベル貼り。
      店頭に並ぶまではもうすぐです。
      手間暇かけた佃煮作りを知ると美味しさも更にUP。

      お昼ごはん

11:45  鯛安
      お昼ご飯は坂手港のすぐ近くでお寿司。
      贅沢だわ〜と口ぐちに呟きながらいただきました。
      どれもおいしい♪しかもお値段は上にぎり1000円。
      こちらはsaedon注文の巻き寿司入り盛合せ上です。
      店内は昔ながらの町のお寿司やさんでレトロな雰囲気。
      
丸金醤油記念館
13:30  マルキン醤油記念館
      お寿司を食べ元気が出たので、マルキン醤油記念館へ足を伸ばしてみました。
      工場周辺は醤油の香りに包まれています。
      マルキン記念館内ではマルキン醤油株式会社の歴史はもちろん、
      醤油の製造工程が説明展示されています。
      昔の醤油絞り機や作業道具も並んでいます。

      醤油蔵通り
14:00  醤油蔵通り
      マルキン忠勇醤油蔵
      醤油の菌によって屋根や板塀などが真っ黒になっています。
      醤油蔵通りには、マルキン物産館、京宝亭、一徳庵、つくだに屋さんなどお店も
      たくさん。それぞれのお店にソフトクリームやアイスクリームがあるので食べく
      らべをしてもいいですね。 

ショートケーキ  オリーブプリン
14:15  ベイリゾートホテル小豆島到着
      ベイリゾートホテル小豆島の中にあるカフェでひといき休憩。
      いちごのショートケーキセットを食べました。
      こちらのケーキは女性のパティシエが作っているそうです。この他にも
      マンゴープリンや地元の高校生が考案したオリーブプリンもあります♪
      海の側に立つホテルで眺めもいいですよ。
 
      saedon&mocomama
      『自転車でまわるのも楽しいね。』 by saedon&mocomama
        
      『坂手港周辺は、のんびりしてて、どこか懐かしい感じ。
      いつも車で通る見慣れた場所でも、自転車で周ると新しい発見がいっぱい!!
      また好きな場所がふえちゃいました☆』 by gachico
      
      ■今回巡ったコース以外にもおすすめなのはこちら
      ・浜辺で波の音を聴く
      ・浜辺で恋愛話をする
      ・夕日を眺める
      ・釣りを楽しむ 
      ・日頃の疲れを癒すmadam mikarinのエステ体験
      
      ベイリゾートホテル小豆島
      カフェ・セラヴィ 営業時間:9時−21時
      Tel:0879−82−5000


      坂手レンタサイクル(坂手港案内所テント内)
      ・1日コース  1050円   8時30分−16時30分
      ・半日コース  520円   午前:8時30分−12時/午後:12時−16時30分
      ※今回はこちらの自転車をお借りしました♪
       
      鯛安 不定休(水曜日休みが多い)暖簾が出ていれば営業中。
      Tel:0879−82−0249

このブログをダウンロードできるよ。旅のお供に!
自転車でちりちりりん♪坂手港周辺コース



より大きな地図で 自転車でちりちりりん坂手港周辺 を表示
【自転車の最新記事】
posted by 小豆島ガール at 08:58 | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ

お問合せ
小豆島ガール(オリーブナビ小豆島内) 個人情報の保護について
電話:0879-82-7117 / Mail:info@shimagirl.jp

©2011 Iyashi-no Kukan Shodoshima Story Project.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。